ネット副業の確定申告について

ネット副業には確定申告を行う必要性があります。この時注意すべき点としては確定申告は年間収入額が2000万円以上の方はもちろん確定申告の必要性がありネット副業を行うものは本業の仕事と副業を合わせ給与として20万の所得がある物は確定申告を行います。この時注意すべき点は、ネット副業で生じた売り上げの身を経費としてはならない点です。マイナス要因となる雑所得があればマイナス経費を差し引きして20万円を超えているかどうかを確認し、超えていない場合、申告をする必要性は無いということです。

この20万円という誓約を超えないというのは例えば副業でアフィリエイトやネットショッピングを経営しているが、売り上げは100万円あってもサイトの維持費や商売を成立させるためのシステムに費用を投じている場合その経費を計算し純売上が100万からサイトの維持費が98万円だった場合、ネット副業の利益は2万となるわけです。この2万を自己の本職のお給料からくる給与所得と合わせ20万を超えなければ申告の必要はないということです。

なお確定申告には期日が儲けられており年間を通して1年の間に申告しなければペナルティを課せられます。ペナルティの内容は、50万円未満の納税金額に対しては本来の納税金の15パーセントの納税を強制的に課せられ、50万円以上の納税額については20パーセントの納税を強制的に課せられます。ただし、事前に申告が遅れることを税務署に知らせる期限後申告をした場合、5パーセントの税率を課せられるだけになるのでどうしても申告が遅れる場合、自前に税務署に前もって期日後申告をするということを考えるのもよいです。

なお所得税などを申告せず、無申告である場合、督促状が届ききちんと払うよう書類が届きます。しかしながら、無申告で事項と言う制度がありますが現在においては、個人事業主においても税務署はある程度所得税の把握をしているため無申告でいた場合、申告すべき税が判明した場合において大きなペナルティが課せられ悪質であると判断した場合、本来支払うべきすべての税の徴収をされますので支払いができないということにつながりかねないです。

こうした場合、本来払うべき税を払うか、払わないで破算と言う選択を取るかが問われるのですが、破産を選んだ場合、会社の経営者であれば経営権を失い、社員であれば同様に多くの権限を失うことに繋がりますのできちんと自己の副業にて得た利益を確定申告することは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です