株式投資の勉強

株式投資を始めようと考えたとしてもリスクを伴うだけにきちんと準備や勉強をしてから始めたいと考えるのが当たり前のことです。 しかしながら、英語や資格を取得するが如く専門学校があるわけではありません。あくまでも書物やインターネット、周りの方々のアドバイスを回ながら勉強をするほかありません。具体的には株式投資の始め方といったノウハウ本が数多く、販売されていますので証券会社の口座の開き方、インターネット証券のメリット、税制優遇といった手法や手段はきちんと最低限学ぶことが必要だと思います。 そしてここからがポイントになってきます。自分自身がどの程度、資金を投じて株式投資を行うのかの判断、どの程度であれば損をしても構わないのかの判断、一番重要な銘柄の選び方になってきます。 どの程度投資をすべきかに関しては、自分自身のマネープランやライフプランを見直し、仮にマイナスになっても生活に影響がないと判断できる金額を洗い出して投資をすることがまずはベターだといえます。 そして一番重要な銘柄の選び方です。自分自身が興味がある業界や企業、応援したい企業に対して投資するのも1つの手ですが、収支を全く無視して投資をするのもどうかと思います。もちろんこのような投資の方法であれば損切りと言って具体的にいくらまでマイナスになれば株式を売却をすると決めておかなければなりません。逆にプラスになったとしてもこれ以上プラスになる事は想定しづらいので売却をしようと決める判断が必要になってきます。そしてこの判断を行うために必要なのはチャート分析です。過去数年間の株式の動きをチェックし、値上がりや値下がりの幅を確認した上で事前に確認してから株式投資を行いましょう。冷静に判断することが大きなマイナスを避けることにつながるのです。 そして、身の回りを見回して銘柄を選ぶことも大きなポイントの1つかもしれません。例えば最近見ることが多くなったなぁと感じる車のメーカー、家電量販店に行くと売り場が拡大しているメーカー、店構えや陳列が非常に充実しているなぁと感じる流通業に投資をすることが自分自身の目利きを高めることにもつながります。インターネットや雑誌で今買い時と歌われているような銘柄に投資をしても既に高値になってしまい、メリットが少ないからです。だからこそ自分自身の目利き力を上げて身の回りでこれから伸びゆく企業を見つける力を身に付けることが大きなポイントになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です